So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

妊活。はじめの一歩。 [不妊]

こんにちは(*・▽・)/



11月に入ってからは比較的良い天気が続く秩父地方。


私も久しぶりにお昼休みが長めに取れたので、


だいぶ散ってしまったであろう秩父ミューズパークのイチョウ並木を見てきました(*^_^*)


20171109122017.JPG



ミューズパークは、私も自転車のトレーニングでたまに走りますが


健康のためや妊活、妊娠中の運動などで


歩いたり走ったりしている方が結構いらっしゃるんですよね[ひらめき]



妊活の取り組み(体質改善)ではじめの一歩として運動を始める方って比較的多いかと。


だって、本やネットを見れば食事のことも多くかいてありますが


「冷えはダメ!」[→]「運動しよう!」とあちこちに書いてありますよね。



お体の状態、不妊の問題によって「妊活のはじめの一歩」というのは異なるかと思います。


ですから、その判断のために病院や鍼灸院など、医療の力を借りる方がほとんどだと思います。



そして、いざ妊活をスタートした方(している方)は


はじめの一歩として、「夫婦の営みの頻度」について見直してみた方はどの位いらっしゃるでしょうか?



これは不妊治療を行う婦人科の先生もお話しされることがあるかと思いますが


夫婦の営みの頻度を診直すことは、タイミングを取られているご夫婦は勿論、


AIH、体外、顕微とステップアップされた方でも、日頃取り組みとしては大変重要(もしかすると最重要)なことだと感じています。



「夫婦の営み」「性行為」「sex」は


子供作る行動。子孫を残す行動。子孫を残すスイッチです。



ですが、様々な理由によりその頻度が少ないがために
ご夫婦のお体が子供を作る体制から遠ざかってしまい
ちゃんと排卵する時期にタイミングや生殖医療を行うも形だけになってしまい、
結果的には子供が供が出来ないという事を繰り返していると感じてなりません。
ステップアップされた方では、子供は欲しいけど生殖医療任せで
月に1回も営みをもたない方も普通にいらっしゃいます。

そして、日頃お体を診せて頂いていると


女性に限らず、男性においても「生殖本能」「子孫を残す本能」が大変低下している様に感じます。


もう日々の生活にフルパワーで、気持ちとしては子供が欲しいけど


体がついていかず、気持ちを奮い立たせて月1、2回の営み、タイミングをとる。


そんな方も多いのではないでしょうか?



せっかくお体に良い食事や運動。


高いお金をかけて生殖医療を行っているのに、


子孫を残すスイッチが全く押されていないのでは本末転倒です。



心身の不調で体力や、子孫を残す力が低下していれば、鍼灸がお力になれる可能性は大いにあります。


そして、運動や食事など生活習慣を見直しことも大切です。


ですが、妊活。はじめの一歩として


今一度、夫婦の営み。子供を作る大切な行為を見直して頂ければと思います。



 紹介図 タイトル_r.png

紹介図 tel_r.png紹介図 mail_r.png

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妊婦さんと鍼灸。嬉しさ<ほっとする? [妊娠・出産・子育て]

こんにちは(*・▽・)/



日曜、月曜と台風で大騒ぎでしたが


皆さんのお住まいの地域はいかがでしたか?


秩父地方は、私が知る限り大きな被害はなかったようです。




まとまった時間がとれず


ブログにアップしたいことが溜まってしまいました(^^;)


時間をみながらアップしていきたいと思いますが


今日は、当所に妊娠中の鍼でいらっしゃっていた方から頂いたご出産のお便りをアップ[ひらめき]

(個人情報の為、メール内容一部省略・修正してあります。)




この方は逆子ちゃんの為来所されていました。


秩父地域外からの来所であったため、


来所に伴う母体の負担を考え、逆子が直った後は自宅でお灸をして頂いていました。



妊娠中の方皆さんに言えるのですが。


はりをしている時の経過が良好でも


最後の最後、無事出産を終えられるまでは心配で心配で(;´Д`)



この方の様に、無事出産を終えられて、


今の状況と合わせて、ご様子をご連絡頂けたときは、


嬉しさもありますが「ほっとした。」と気持ちが一番大きいと感じています。



『母子ともに無事に出産を終えられるのが当たり前。』



と思われている方(特に旦那さん)が多いかもしれませんが、


実情はそうではありません。


何事もなく、スムーズに出産を終えられる方もいらっしゃいますが


何事もないかどうかは、神様ではない限り最後まで(産後の状態を含め)完全には予測できません。



それでも、妊婦さんを支える一医療人として


少しでもスムーズに妊娠期間を過ごし、母子ともに無事出産を終えられる様、


今後とも尽力したいと思います。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★


お久しぶりです(^○^)
 
妊娠中はお世話になりました○○です(o^^o)
 
10/○午前○時○○分に24★☆gの男の子を無事に出産しました★(^^)3○w○dでした!
 
少し小粒だったので、半日だけ保育器、黄疸治療で1日だきに光線療法をしましたが、体のわりによく飲み、よく泣き、明日一緒に退院です♪
 
あれから毎日お灸を続けていたおかげもあり、逆子も戻らず経膣分娩できました!(o^^o)
 
出産3日前から前駆陣痛の不規則な痛みと張りで寝不足になり…出産前日に病院受診したものの本陣痛になってない、子宮口1cmと言われ愕然としてました(;_;)
 
その後も痛みは続き、内診が刺激になったのか翌日の夜、間隔を測るもなんとなくまだ不規則な張りと痛みなものの、痛みが強くなってきたため病院へ。
 
病院着いたらすでに子宮口6cmでした!∑(゚Д゚)
 
私の場合、前駆陣痛からの本陣痛の移行がかなり曖昧ですが…約6時間、病院に着いてからは1時間半のスピード出産でした!展開が早くちょっと焦りましたが…最後も2回いきんですぐ生まれてきてくれて安産だったと思います(^^)
 
夜だったので、旦那もずっと付き添い、立ち会えたのでよかったです☆
 
逆子ちゃんになったり、背中の痛みなどありましたが、そのおかげで自分の体のことを労ったりできるマタニティライフが送れたと思います☆(^○^)
 
お灸も私にとっては、すごく効果的で、いろいろ勉強したくなりました!(^^)強谷先生には本当に感謝です。あのとき、思い切って受診してよかったと心から思っています。
 
予定日より早い出産だっため、お灸がまだ余っているのですが、産後でもできるツボとかありますか?(^^)


baby (4).jpg



>すねや返信


こんにちは。強谷針灸のすねやです(・∀・)
返信遅くなってすいません。
ご出産終えられたのですね!おめでとうございます!!
可愛い写真までありがとうございます♪
退院とのことで、ご自宅の方で落ち着かれましたか?(*^_^*)
もう少しお家がお近くであればお話し伺えたかもしれませんが、
逆子が直ったあとのご様子はどうだったかなーと心配していましたので、ご連絡を頂いてホッとしました(;´∀`)
大変イメージのしやすいメールをありがとうございます☆
全体的に速いペースでのご出産とのことで、大変慌ただしい1週間でしたね。
無事退院され、新しい家族が増え、今までとは違った生活がスタートしますが、
旦那さんはじめ、ご家族の方のお力を積極的に借り、今しばらくはお家でゆっくり、のんびりしたいですね♪
お灸ですが

(その方の施術に関連するので中略)
両方とも1個ずつで良いかと思います。
(メールやり取り中略)



>すねや返信


素敵なかっこいお名前ですね!
写真で比較するとよくわかりますが、子供は成長が本当に早いですね。
子供はパワー、生命力の塊です。
一生懸命育児を行うことは結構ですが、「いつも真向勝負!」では、大人の方が疲れてしまい勝負になりません。
楽しみながらゆったりと臨んでいただければと思います(*^_^*)
お子さんのことやご自身のお体のこと
健康や育児のことで分からない事、
心配なことがありましたら遠慮なくご相談ください☆



 

紹介図 タイトル_r.png
紹介図 tel_r.png紹介図 mail_r.png

タグ:逆子 安産
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

ドクターとの連携。 [研修会]

こんにちは(*・▽・)/


この投稿をした時間帯的にはこんばんはですね。



日中は穏やかな晴れとなった秩父地方。


ですが、朝晩の冷え込みたるや、


患者さんとはこたつをいつ頃出すかのお話をし



明日は、待合室で今シーズン初めてストーブを着けようかと考えています(;´∀`)


いよいよ、秩父の長い、長ーーーい寒い季節が始まります。



昨日は、夕方までお仕事をした後


鍼灸大学時代に大変お世話になった恩師のお招きで、


『医師(医院)と鍼灸師(鍼灸院)との地域連携を実現させる会』


という会に参加してきました(*^_^*)[ぴかぴか(新しい)]



DSC_9818.JPG




17-10-04-17-59-01-664_photo.jpg



日頃、埼玉の田舎で地域医療の一端を担っている者として


地域における鍼灸院の役割、医療における鍼灸師の立ち位置、必要性など


常に意識しながら鍼療に当たっていることもあり大変興味深い。。。



今回参加させて頂き


日頃の臨床から、地域での体験教室といった活動の大切さもさることながら


団体規模では、様々な流派、やり方がある鍼灸師自身が



自利の精神を廃し、


客観的な視点は持ちつつ、あの流派、術は良いがこの流派、医療は悪いといった意識を無くし、


医師、鍼灸師を含めた医療に携わる多くの方が、


「健康獲得」という共通認識を達するため、2人3脚、3人4脚で歩を進めることで、大変大きな力が生まれる可能性が高いと感じました。



課題は多いと思いますが、


一鍼灸師としては、医師、患者さん問わず、とにかく地域における鍼灸師としての信頼を築きつつ、施術を行っていていきたいと思います。


患者さんの予約調整には苦労しましたが


またこの様な機会がありましたら、積極的に参加していきたいと思います[ぴかぴか(新しい)]

 

 

紹介図 タイトル_r.png
紹介図 tel_r.png紹介図 mail_r.png

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -