So-net無料ブログ作成
検索選択

薬の副作用どこまで認知?~2013年最後の東洋はり渋谷支部会~ [研修会]

こんにちは(*・∀・)/

 

2013年も12月「師走」に入り、

寒さも厳しくなってきましたが皆さんいかがお過ごしですか?

こう寒さが厳しくなってくると、いままで健康だった方も

寒さに、暮れの疲労等が重なったりすると、様々な神経痛もはもちろん

寒さによる気血の巡りが滞りやすくなることによって、

様々な全身トラブルが出現する可能性が多いにあります[exclamation]

寒さによるトラブルというのは、

トラブル解消に時間がかかり易いものが多いですので

症状が大変になる前にイチ早くいらしてくださいね(^^)/

--------------------------------

昨日は

私が所属している経絡治療の勉強会

東洋はり医学会 渋谷支部』の今年最後の勉強会でした[ぴかぴか(新しい)]

 

今回は

渋谷支部の前支部長である、

くるみ堂 長岡はり灸院の長岡 寛樹理事にお越し頂いての勉強会となりました[exclamation]

 

午前中の講義前半は

薬剤師の資格を持つ先生により、

『気付かないでいる薬の副作用の多さ。』

『その副作用と思われる症状を抱える患者さんに対して、鍼灸家としてどう対処する必要があるか。』について

 

講義後半は

長岡先生より、経絡治療を行う者の苦難、その治療により得られる喜び等

経絡治療初心者から上級者まで、経験の幅に問わずの講義。 

という、非常に内容の濃い講義をして頂きました[ぴかぴか(新しい)](・∀・)/

IMG_3633e_r.JPG

 

 

治療院で患者さんを診ていても

薬の種類・数に問わず、本当は良かれと思って処方されている薬によって

症状が出ているケースは非常に多くあります(;´・ω・)

 

例えば

高血圧の薬により、思ってもいなかった「うつ様症状」「男性不妊(ED)」が出現したり

頭痛や痛み止めに使っている解熱鎮痛剤による「胃の症状を中心として消化器トラブル」。

不妊治療目的に使用されている女性ホルモンのお薬によって

かえって全身状態が悪くなり、ホルモン分泌が乱れているのではないか…

というケースですね[ひらめき]

 

この他にも、よくよくお話を聞きながら全身状態を診てみると

「おやおや…なんだか怪しいな~」

ということが多いのですが、

ほとんどのケースでお薬を使用しているご本人は気付いていなかったり(;^ω^)

 

でも、薬が全部悪いという訳ではないんですよ[exclamation&question]

とても即効性があり、効果が良く、非常に重宝した優秀なものなのですが

万能ではない、使い方の難しいものだということを

処方する側、使う側ともに理解しておく必要ではないのでしょうか?(汗)

 

[exclamation]

そのお薬を使用している体に対して、

何が良くて、何が悪いのか見極めながら治療していくのか…

これが容易じゃないですね~笑

 

午後の実技ともに

今年最後の勉強会も、とても学びの多い1日となりました(;´▽`) 

 

 

そして、今日も我らのレノ君はぬくぬくおやすみ(*´∀`)[黒ハート]

IMG_3634_r.JPG

 

【本院】 強谷針灸治療所

【浦和院】 結心はり灸院

強谷 直佑 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0