So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

妊婦さん尽くしの研修会。【安産・逆子etc】 [妊娠・出産・子育て]

こんにちは(*・▽・)/
この連休も大変暑い日となりましたね。
私も昨日は家族と出掛けていましたが、何杯アイスコーヒーを飲んだことか(;・∀・)
一昨日は所属する鍼の勉強会[ひらめき]
先月は「子どもの治療」について研修を行いましたが
今月は「妊婦さんへの施術~逆子・安産etc~」[ぴかぴか(新しい)]
私も日頃から妊婦さんをよく診療しますが
私が所属する支部には、非常に経験豊富な先生が大勢いらっしゃるので毎回勉強になります(*^_^*)
特に今回は
逆子直しのプロフェッショナルである
おおした鍼灸院(南青山)の大下義武先生(私が支部長だった時の前支部長)を中心に講義、座談、実技を行いました。
DSC_0958.JPG
その時のお話は
このブログや直接鍼療にお越しいただいた際にお話できればと思います(*´▽`*)[ぴかぴか(新しい)]


紹介図 タイトル_r.png

紹介図 tel_r.png紹介図 mail_r.png

タグ:逆子 安産
nice!(0)  コメント(0) 

不妊へのアプローチ~鍼灸家として考える 6~ [不妊・妊活]

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


【不妊へのアプローチ~鍼灸家として考える 6~】


※内容によっては不妊で悩まれる方全てに共通ではなく、アプローチとしてのごく一部の場合があります


こんにちは(*・▽・)/

今日は「不妊へのアプローチ~鍼灸家として考える~」の第6回。



妊活に励まれている方の中には


不妊治療専門病院とは別に、


ネットや雑誌、知人の紹介などの情報から


漢方内科・薬局、鍼灸、整骨、エステ等に足を運ぶなどし、妊活をされている方も多いかと多いかと思います。



そして鍼灸の分野においても


鍼灸院に実際に通われている方もいれば、


「妊娠に良いツボ」「子宝に効くツボ」といった


経穴(俗に言うツボ)に、絵や説明を見ながら市販されているお灸(せんねん灸等)をしている。という方もいらっしゃるかと思います。



当所にもお灸や経穴(ツボ)を紹介した本があり


鍼療待ちの間や、お会計待ちの際にご覧になっている方もいらっしゃいます。



IMG_2935e_r.JPG


ただ、ご自身で思い立ってお灸をしようとその絵を見てみた方はご経験があるかと思いますが


私たち鍼灸師の様なプロではないと、


予備知識がない状態ではどこが良い場所か分からない(汗)


ということがしばしばあります。(^^;)



また厄介なのが


そのネットや本にはそのツボが良い。と書いてあっても、


その方にとって最適なツボかは別の話。



そして、これまた問題なのが


“ツボ”と呼ばれる経穴は、


その方によって反応の出ている場所が異なり


体調によっては


反応が出ている場所が微妙に変わります[あせあせ(飛び散る汗)]




「えーーー!そんなの無理じゃん(´Д`)」


「よく分からないからお灸しなくていいや。」



そう感じた方も多いでしょう(^^;)



そんな時に


私たち鍼灸師がいて、鍼灸院があります!




「鍼灸に通うつもりは無い!」


という方もいらっしゃるかと思いますが、ご自身でお灸をするところまで来たのであれば


通う、通わないは別として、

ご自身にとってどういったところにお灸をしたら良いか、お近くの鍼灸院にてお尋ねになって頂き


少しでも「東洋医学」「灸」がお力になれればと思います。



[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]



紹介図 タイトル_r.png

紹介図 tel_r.png紹介図 mail_r.png

nice!(1)  コメント(0) 

子供の治療の発表&ディスカッション。 [子どもの治療]

こんにちは(*・▽・)/



6月もあっという間に第3週。


梅雨入りはしていますが、今日も含めてお天気が良い日が多いでしょうか(・∀・)


IMG_2934e_r.JPG



先日の日曜日は、


妻の許可をもらい、所属している鍼の勉強会に参加してきました[ぴかぴか(新しい)]




鍼の技術確認、修正は勿論、


今回は小児の治療の発表とディスカッションがありました(*´▽`*)[グッド(上向き矢印)]


DSC_0882.JPG



私が行っている鍼の流派は、その性質上、子供の治療を大変得意としています。


私が所属している学会の支部は、


特に子供の治療経験豊富な先生が多く、


毎年の様に「小児の治療」ということで発表とディスカッション、情報交換を行っています[ぴかぴか(新しい)]



今は鍼の先生として、子供たちのお体を施術していますが

私も、先代の先生より幼少期から鍼をしてもらい強く元気にしてもらったこの体。


小児の鍼灸、小児はりに感謝しています(*^_^*)




どのような時「子供の鍼灸」「小児はり」が良いかは


当所のHPや過去のブログにご覧頂ければと思います(・∀・)


→過去ブログ






紹介図 タイトル_r.png
紹介図 tel_r.png紹介図 mail_r.png

タグ:小児はり
nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -