So-net無料ブログ作成

『体の声』に耳を傾けてみませんか? [東洋医学]

こんにちは(・∀・)

台風が接近してくれたお陰で

関東地方にも、ようやく恵みの雨ですね[ぴかぴか(新しい)]

 

今日のお話は

自分の『体の声』に耳を傾けてみましょう[ひらめき]

ってお話。

 

まぁ、いったいどういうこと?って話ですよね(^_^;)

例えば

  • お腹が空いた・・・エネルギーが無くなったから、何か食べたい
  • 喉が渇く・・・水分が足らないから、何か飲みたい
  • 眠い・・・活動をやめて休みたい
  • まずい・・・今は欲しくないもの
  • 吐き気・嘔吐・・・物を胃にいれたくない
  • 咳・・・取り込みたくない物出す
  • 下痢・・・不要な物だから出す
  • 熱が出た・・・悪いものを倒している  etc...

これら、生活していて日常的に体で起こること。

体調が崩れかけている時、体調が崩れて病気になってしまった時など、

一般的に「症状」と言われる『体の反応』が現れます。

そして、

この『体の反応』の中で、自分にとって都合の悪い反応が出てきて、それが大変になる・迷惑になると

多くの人が薬局やお医者さんに行くなどして

お薬をもらって飲んだり、塗ったり、張ったりして、その迷惑な症状・病気をなんとかして無くそうとします。

 

お薬などは、とても強力で

都合の悪い症状をすぐに抑えてくれることます。

ですが、多くのお薬は、その悪い反応・症状を抑えているだけで、

本当の意味で、体の不調を治しているとは言えないところがあるんですね。

 

東洋医学で考える、『症状』・『病気』というものは

健康でいるための体の調節機能が歪み、バランスが崩れ、

その崩れたバランスを、自力で戻せなくなってしまったことで現れる『体の反応』だと考えます。

*ちなみに、この自力で戻すのが大変になってしまった体の歪み・バランスを整えるお手伝いをするのが、私たち鍼灸師(^^)/ 

 

ある意味では

その、だるい・痛い・気持ち悪い・調子が悪いといった体の不調は

無理をしてしまった私たちの体が、健康な状態に戻ろうとする・維持しようとする『体の声』なんですね[ひらめき]

 

いわば『体の声』 というのは『体の警告サイン』なんです[exclamation]

 

ですから、お薬を使ってとりあえず症状を抑えることも良いですが

それは、体の警告サインを無視して、さらに体に無理をかけることにもなり兼ねません。

 

この体の声に耳を傾け

体を健康に保とうとする、『体の警告サイン』に敏感になり、

その警告サインに合わせて、正しい生活(生活リズム、食事など)や対処をとることができれば

より辛い症状、重大な病気を防ぐ。病気にならないでいられる。

『未病』に繋がると思いませんか?(^ω^)

 

こういった

どうして、こういう「体の反応」「体の声」が出ているのかなんて

なかなか考える機会は無いと思います。

ですから、

少しでも、「へー」「ふーん、なるほどね[ひらめき]」「そういう風に考えることも出来るんだ[exclamation]

などと、少しでも思って頂けたら幸いです(*^^*)

 

【本院】 強谷針灸治療所

【浦和院】 結心はり灸院

強谷 直佑

タグ:未病
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0